2014/3/11

広デの魅力
広デの魅力

質問しやすい
距離感

質問しやすい距離感
質問しやすい距離感



デザインに必要な「質問力」が身につく
広告デザイン専門学校の生徒たちは、とにかく「質問」をしてきます。授業中はもちろん、階段ですれ違ったとき、休憩で一息入れているとき、気軽になんでも質問してくれます。こうしたことがしやすい講師と生徒の距離の近さも、広デの良さのひとつ。生徒たちが抱いている興味・関心・疑問を受けとめることで、多くのことを吸収できる環境を大切にしているのです。
また、デザインという曖昧なものを掴む仕事では「質問する」ことがとても重要です。誰にどのように聞いたら良いのかを自然に身につけていける環境が、広デ内にはあると考えています。

生徒の心に残る、質の高い経験談
卒業生の間では「先生たちの授業外での話がものすごく役に立った」という評価が定着しています。それは、プロ講師が実際の仕事で経験したこと、経験を重ねて気づいた核心的なことを折りに触れて話している結果です。
聴いているときは単に「へぇー」と思うことでも、大事なことはきちんと生徒の心に残ります。卒業後しばらくしてから、場合によっては何年も経ってから「アレってこういうことだったんですね」とわざわざ報告に来てくれることもあります。生徒の成長を実感すると同時に、これからも質の高い「経験談」を大切にしたいと考えさせられる瞬間です。

講師にいつでも質問できる距離感。興味・関心・疑問から多くを吸収しよう。
講師にいつでも質問できる距離感。興味・関心・疑問から多くを吸収しよう。

ホームへ先頭へ前へ戻る